無料ブログはココログ
フォト

家具や木工の検索

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月27日 (木)

椅子(小椅子)-5/5 後日追記有

今回は小椅子の最終回です。
30311
↑小椅子 ”S 22”
寸法:W47 x H80 x SH44 cm
材料:オークまたはチーク、座は布張り、背は藤張り
プライスグループ:オーク3、チーク4
デザイン:K.E.Ekselius
制作:AB J.O.Carlsson, Vetlanda
K.E.Ekseliusは木製からスチールまで幅広く活躍したデザイナー。多分、異素材の組み合わせに関心があるのでしょう。ほとんど同じデザインで脚前後に貫の入ったものもありました。ゆったりとした上品なデザインです。
30312
↑小椅子 ”Konkret”
寸法:W48 x H85 x SH44 cm
材料:オーク、背は藤張り、座は多分布
プライスグループ:3
デザイン:不明
制作:AB Westbergs Möbler, Tranås
デザイナー不明。ちょっと、上下のK.E.Ekseliusの作品と共通点が多いと思いますが、ややまとまりに欠く感も受けます。座の構造が気になりますがこれも不明。
30313
↑小椅子 ”S 23”
寸法:W47 x H80 x SH44 cm
材料:オークまたはチークまたはウオールナット
プライスグループ:オーク3、チークとウオールナットは4
デザイン:K.E.Ekselius
制作:AB J.O.Carlsson, Vetlanda
二つ上のS 22よりさらに安楽椅子っぽい柔らかな座り心地をめざしたのでしょう。
30314
↑小椅子 ”3331”
寸法:W56 x D55 x H85 x SH43 cm
材料:オークまたはビーチ
プライスグループ:4
デザイン:Gunnar Eklöf
制作:Herb.Anderssons Möbelverkstäder, Gärsnäs
Gunnar Eklöfについては分かりませんでした。かなり高名な同姓同名の文学者は見つけたのですが。当時としては思い切って単純化したフレームワーク。ちょっと学生のデザインみたいな雰囲気ですが、作るのは結構大変だったと思います。
30315
↑小椅子 ”S-2”
寸法:W44 x H76 x SH44 cm
材料:チークかオーク仕上げの整形合板と黒塗りスチールパイプ
プライスグループ:2
デザイン:Kurt Nordström
制作:AB Andersson & Hagsjö, Vaggeryd
Kurt Nordströmはこれとほとんど同じ椅子のいろいろなバリエーションを作っていますが他のデザインは見つかりませんでした。作家としての詳細も分かりませんでした。好みのデザインなので残念です。
30316
↑小椅子(ハイタイプ) ”557”
寸法:座の直径40 cm
材料:バーチと灰褐色のスチールパイプ
プライスグループ:1
デザイン:Sune Fromell
制作:Möbler, Stockholm
調べたら女性のデザイナーでした。スチールだけではなく木製の家具(オフィス用等)もかなりデザインしている模様。工場や家事等、作業用の椅子だと思われます。飾り気のない、でもかわいい椅子です。
30317
↑小椅子 ”Sido”
寸法:W45 x SH4455 cm
材料:スチール、布張り
プライスグループ:4
デザイン:不明
制作:AB Sido, Stockholm
今ではどこでも作っているスチール家具ですが、多分この時代では最先端のデザインだったのでしょう。
===========================================

■ページ説明文翻訳:翻訳は素人ですので多少の間違いはお許しください
DEN HÖJ OCH SÄNKBARA arbetsstolen behövs även i hemmet.  Den används i köket, vid matlagningen och vid matbordet för att barn lättare skall nå upp.  Som skrivstol är den lämplig i stoppat utförande för den som har mycket skrivarbete o dyl.  Kontrollera att den kan ställas in på önskade höjder – den bör även kunna ställas in på låg höjd.  Välj inte en arbetsstol, som har hjul – man sitter osäkrare, stolen tippar lättare och går rj att ställa in lågt.
高さ調節可能なオフィスチェアは、家庭でも便利です。それは、調理の際にキッチンで使用されたり、子供たちがダイニングルームで大人用のテーブルの高さに合わせるのに使えます。デスク用の椅子は書きものをする場合はむしろ固定式の椅子の方が向いています。椅子の座高は正確に調節してください。キャスター付きの椅子はお勧めできません。椅子によっては不安定でひっくり返る恐れもあります。その場合座高は低めに設定してください。

2017年4月19日 (水)

椅子(小椅子)-4/5

今回も小椅子のご紹介です。
282901
↑小椅子 ”Tokyo 561-049”
寸法:W46 x D51 x H80 x SH43 cm
材料:オーク クッション材はフォームラバー
プライスグループ:3
デザイン:David Rosen
制作: Triva NK:sVerkstäder, Nyköping
バランスのとれたデザインです。座の構造、クッション材だけしか書いてありませんが、厚みから見ると成型合板でしょう。David Rosenはキャビネットやテーブル等、幅広くデザインしているデザイナーです。
282902
↑小椅子 ”Remus”
寸法:W46 x H82 x SH46 cm
材料:オーク 背に厚皮のベルト使用
プライスグループ:3
デザイン:Yngve Ekström
制作:ESE Möbler, Vaggeryd
Yngve Ekströmは積層材フレームのチェアが有名で以前も書きました。背の一部に厚皮のベルトを使い前後方向の貫に一部丸棒を使うなど、かなり個性的な、実験的なデザインです。
282903
↑小椅子 ”824E”
寸法:W43 H76 x SH44 cm
材料:オーク クッション材はフォームラバー
プライスグループ:2
デザイン:Tage Olofsson
制作: Ulferts Fabriker, Tibro
成形合板を積極的に使っています。まだシンプルな成形合板ですが。
Tage Olofssonはチェアよりサイドボード等のキャビネット類が多いデザイナーです。
282904
↑小椅子 ”Garmi”
寸法:W46 x H77 x SH43 cm
材料:チーク クッション材はフォームラバー
プライスグループ:3
デザイン:Nils Jonsson
制作:AB Hugo Troeds Ind. Bjärnum
どちらかと言うとデンマークっぽいデザイン。実はこれに似たデザインの面白いRTA構造、いわゆる「ノックダウン」タイプの椅子を見たことがあるのですが、これかどうかの確認は取れませんでした。
Nils Jonssonもチェアよりサイドボード等のキャビネット類を得意とするデザイナーです。
282905
↑小椅子 ”Minett”
寸法:W48 x H81 x SH43 cm
材料:オーク 部分的にチーク
プライスグループ:2
デザイン:Yngve Ekström
制作: AB Hugo Troeds Industrier, Bjärnum
前記Remusと同じデザイナーの作品ですが、こちらは非常にスタンダードなデザイン。きれいなバランスです。
282906
↑小椅子 ”Vapensmeden 524”
寸法:W45 x H86 x SH43 cm
材料:ビーチ
プライスグループ:3
デザイン:Carl Malmsten
制作:AB Karl Andersson & Söner, Huskvarna
ちょっとしゃれた、いかにもCarl Malmstenらしい一品。
282907
↑小椅子 ”Kontiki”
寸法:W46 x H77 x SH43 cm
材料:チーク クッション材はフォームラバー
プライスグループ:3
デザイン:Yngve Ekström
制作: AB Hugo Troeds Industrier, Bjäenum
これもYngve Ekströmのデザイン。座布の張り方が特殊です。多分前後方向の貫に溝を掘ってまとめたのでしょうが難しくないのかなあ?
282908
↑小椅子 ”920 E”
寸法:W48 x H82 x SH44 cm
材料:オーク クッション材はフォームラバー
プライスグループ:2
デザイン:K.O.Westberg
制作:K.O.Westberg  Ulferts Fabriker, Tibro
実は「K.O.Westberg」メーカー名でもあるので、メーカー設立者兼デザイナーの名前か、単にメーカー名なのか分かりません。まあ、普通のシンプルなデザイン。やや細身のフレームが特徴か。メーカーとしての主力商品はテーブル。

2017年4月13日 (木)

椅子(小椅子)-3/5 後日追記有

今回は比較的個性のはっきりしたやや大振りなデザインの小椅子です。

262701
小椅子 ”Gracell 899”
寸法:W46 x D49 x H86 x SH44 cm
材料:ビーチ、座はラタンやシーグラス編み
プライスグループ:2
デザイン:Yngve Ekström
制作:Gemla Fabrikers AB, Diö
Yngve Ekströmは第2次大戦直後の成型積層材によるイージーチェアの開発で有名で、その作品は後でイージーチェアの欄にも出てきます。この小椅子は通常のビーチ無垢材で出来ていますが、座のラタン等を使った編物材の使用は、成型積層材などの曲線に合わせる構造のヒントになっているかもしれません。ややハイバック気味のバランスのとれた良いデザインだと思います。
--------------------------------------
262702
小椅子 ”nr 90”
寸法:H76 x SH44 cm
材料:ビーチまたはオーク、座はシーグラス編み
プライスグループ:2
デザイン:Harald Haraldsson
制作:Bröd. Johansson Stol & Möbelfabrik, Virserum
デザイナーについては分かりませんでした。前後の脚を繋ぐ貫は座のシーグラスに隠れていますが、2本の可能性もあります。シンプルで合理的なデザインです。
--------------------------------------
262703
小椅子 ”Öresund 541”
寸法:W52 x H76 x SH45 cm
材料:オーク、座は厚手の皮革。座は下部をベルトで締め上げて緩みを防いでいます。
プライスグループ:5
デザイン:Börge Mogensen
制作:AB Karl Andersson & Söner, Huskvarna
デザイナーの名前Börge Mogensenの綴り、Börgeとなっていますが、デンマーク人なので本当はoに斜め棒がつくやつ。変換が面倒なので以後もスウェーデン文字表示にします。実は私の最も好きな北欧デザイナー。無駄のないがっちりとした構造が特徴です。
--------------------------------------
262704
小椅子 ” Öresund 537”
寸法:W52 x H75 x SH44 cm
材料:オーク、座はシーグラス編み
プライスグループ:3
デザイン:Börge Mogensen
制作:AB Karl Andersson & Söner, Huskvarna
同じBörge Mogensenのデザイン。背を止めるダボを飾りにしたり座の上に丸ほぞをのぞかせたり、構造をデザインに生かす良い例だと思います。ムダは無いけど適度なカントリーっぽさも魅力で私の好きなデザインの一つ。
--------------------------------------
262705
小椅子 ”T-21”
寸法:W49 x H79 x SH43 cm
材料:オーク、座は布か皮革張り
プライスグループ:布座3、皮革座5
デザイン:J.Vedel Rieper
制作:Abrahamssons Möbelfabrik, AB, Taberg
このデザイナーもデンマーク人です。Börge Mogensenと共同してデンマークデザインの普及に努めた人です。その為か、ソファー等には彼と似たデザインもあります。この小椅子は彼の代表作で、いろいろ細部を変えたモデルも出しています。
--------------------------------------
262706
小椅子 ”Västkust”
寸法:W50 x D48 x H72 cm
材料:オークフレームにシーグラス、ラタン、布張り等の座
プライスグループ:3
デザイン:Björn Hulten
制作:Bofyra AB, Ulricehamn
このデザイナーはインテリアデザイナー・建築家としても有名でいくつもの大使館や学校のインテリアを手掛けています。椅子としてはキャンバス張りの折り畳み椅子などもたくさん手掛けています。
-------------------------------------- 
262707
小椅子 ” Öresund 543”
寸法:W52 x H75 x SH44 cm
材料:オーク、座は整形合板にフォームラバー・布張り
プライスグループ:3
デザイン:Börge Mogensen
制作:AB Karl Andersson & Söner, Huskvarna
Börge Mogensenの一連のÖresundシリーズデザイン。537に似たフレームだが前後脚間の下部貫が下に移っている。このころは今のようなウレタンフォームの代わりに「フォームラバー」が主に使われていました。

============================================

■ページ説明文翻訳:翻訳は素人ですので多少の間違いはお許しください
TUNG ELLER LÄTT kan stolen vara beroende på den miljö där den står.  Våra smålägenheter, där man ständigt flyttar omkring stolarna, ställer krav på lätta men ändå hållbara stolar.  Men ibland önskar man sig en kraftigare stol med generösa mått som kan ge rummet rejäl och robust prägel.
その椅子が重厚か軽快かの判断はその置かれた環境により変わります。私たちは小さなアパートではその周りを常にお語気回らなくてはならず、椅子は軽くてしかも耐久性のある椅子が必要です。しかし、時には、あなたは部屋の状況に合わせによってさらにがっちりとした丈夫で大型の椅子が欲しくなるでしょう。

« 2017年3月 | トップページ